レディー

メスを入れずに行えるボトックス注射|即効性のある施術

多汗症などに効く注射

下着姿の女性

ボトックスの特徴

多汗症が気になる、しわを改善、エラが気になるという人におすすめのプチ整形のひとつがボトックス注射です。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質であるボツリヌストキシンという薬を注射することでさまざまな効果を得ることのできる施術になります。ボトックスは、神経伝達物質である「アセチルコリン」の伝わりを阻害するという働きがあります。筋肉が緊張している箇所に注射をすることによって、筋肉を動かすという伝達が届きにくくなり筋肉がリラックスした状態になります。この効果はさまざまなことに利用されます。眉間のシワや額のシワ、目尻の深いシワなどに注射をすることによって筋肉の収縮を弱めてシワを改善します。エラに注入すれば、凝り固まった筋肉が緩まり小顔効果を得られたり、緊張などによって多量の汗が出る多汗症などにも効果的です。また、皮膚のキメも細かくなってハリも出てくる美肌効果もあるとされています。注射をすることで2〜3日後に効果が現れ始め、1週間後程度で効果を実感することができるようになります。

ボトックス注射はさまざまな効果を得られることのできる注射ですが、注意点もあるためしっかり理解する必要があります。注意点としては、ボトックス注射注入後に、頭痛やしびれなどの症状が現れるケースも考えられます。このような場合には、すぐ治りますが頭痛は内服薬を使用することで改善することができるため酷い場合には医師に相談することをおすすめします。筋肉を収縮させるもののため、個人差はありますが1週間程度は違和感を感じることもあります。また、基本的には安全性の高い薬ですが重大な副作用として急性のアレルギー反応であるアナフェラキシーが起きたという症例もあるため、万が一アレルギー反応が出た場合にはすぐに病院に連絡することが重要です。施術を受けた後は、注射後24時間は揉んだり擦ったりしないようにし、3時間は横にならないようにします。まれに、一度注射をすると抗体ができて2回目以降には効果が出にくくなる体質の人もいます。ボトックス注射は個人差がありますが、持続期間は一般的に半年〜1年程度効果があるとされています。そのため定期的に注射をする必要がある治療です。